そらいろネット > 三浦半島観光地図 > 横須賀市 > 小川町

横須賀市小川町


横須賀市小川町の歴史

小川町の歴史

  横須賀市役所 横須賀市の行政の中心地で、市役所や警察署など、多くの公共施設が立ち並び、官庁街となっています。横須賀市街の中心地ですが、公共機関が多いため、商業施設は少なめです。住宅地ではありませんが、路地に入ると住宅があります。戦後、稲岡町と小川町の間の入江が埋め立てられ、マンションが建てられました。
 諏訪小学校、常葉中学校があります。ノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊は、諏訪小学校の卒業生です。
 明治12年からの海面埋立によって作られた町です。
 明治15年には横須賀町小川町となり、明治40年には横須賀市小川、大正13年には横須賀市小川町となりました。昭和24年、一部が大滝町となり、大滝町・若松町の一部を編入しました。昭和50年、一部が新港町となりました。

地名の由来

   明治15年に誕生した地名です。埋め立ての中心となっていた三浦郡大津村出身の地方行政官だった小川茂周(おがわしげちか)の名前にちなんで名付けられた地名です。
 小川茂周は1848年(嘉永元年)に名主見習いとなり、次いで大津村名主、農兵世話役、三浦郡大総代、大津村戸長などを歴任後、1878年(明治11年)に初代三浦郡長になりました。
 就任以来20年、郡下の行政、道路の開設、河川橋梁の補修整備、米軍基地となっている白浜の埋め立て、そこに入船場を新設するなどしました。また、三浦郡教育会を設置し、教育の充実、教員の優遇、児童就学の奨励なども行いました。
 1898年(明治31年)には足柄下郡長になり、1902年(明治35年)に68歳で亡くなりました。従五位に叙せられています。
 
  稲岡町  
大滝町 小川町 新港町
  若松町 日の出町

横須賀市役所


横須賀市役所 史跡や観光スポットじゃないけど、掲載しておけば役に立つ人もいるんじゃないかなって思って掲載してみました。
 横須賀市民なら行く機会も多いのではないかと思います。

旧横須賀警察署


横須賀警察署 史跡や観光スポットじゃないけど、掲載しておけば役に立つ人もいるんじゃないかなって思って掲載してみました。
 横須賀市民でも、あんまりお世話にはなりたくないですね。

マンホール


横須賀市役所 史跡や観光スポットじゃないけど、掲載しておけば役に立つ人もいるんじゃないかなって思って掲載してみました。
 横須賀市民なら行く機会も多いのではないかと思います。

市役所前公園


市役所前公園 その名前の通り、横須賀市役所の前にある公園です。噴水や花壇、藤棚などがあります。
 各種イベントが多く開催される公園です。

風景と景色


風景と景色 小川町の風景写真、景色写真。
 小川町をイメージできる写真から、ちょっと変わった写真、昔懐かしい写真など。

あんしんかん


あんしんかん 横須賀市民防災センターのあんしんかん。
 入館無料で、実際にあった巨大地震を体験することができる起震設備があります。防災に関するさまざまな情報を発信しています。

戦艦陸奥の模型


戦艦陸奥の模型 横須賀市役所に展示している超弩級戦艦陸奥の模型です。
 主砲が横須賀に帰ってきます。

サイカヤパーキング


サイカヤパーキング 横須賀市内唯一の百貨店「さいか屋」の駐車場。
 なんと!!萌えキャラがいるんです!

広告
メインコンテンツ
家庭の医学
身近な植物図鑑
身近な昆虫図鑑
身近な野鳥図鑑
身近な貝殻図鑑
身近な生き物図鑑
ベランダ園芸
三浦半島観光地図
コミュニティー
広告
広告


広告
広告

  三浦半島観光地図-横須賀市  
大津町 三浦半島身近な図鑑 追浜町
Copyright 三浦半島身近な図鑑 そらいろネット All right reserved.