そらいろネット > 身近な貝殻図鑑 > 海の巻貝 > アクキガイ科 > アカニシ
 アカニシ

アカニシ

[名前・種類] アカニシ
[学名] Rapana venosa
[英名] -
[名前の由来] 赤辛螺。殻口の内側が赤いことから。
[分布] 北海道以南
[科名] 巻貝綱(腹足綱)バイ目(新腹足目)アクキガイ科
[特徴・生態]  やや内湾の水深5m〜20mの礫底、細砂底に生息するアクキガイの仲間。
 殻高は約15cm、殻径は約12cmになります。殻は拳形で大きく、堅牢で重いです。螺層は5階で低いですが、体層はとても大きく、肩にこぶの列があり、その下にも2列〜3列並びます。殻口は広く、内壁は赤色の滑層で塗られています。縫帯は太く、へそ孔が開きます。
 蓋は革質で黒褐色です。
 肉食性で、おもにアサリやカキなどの二枚貝を襲って食べます。
 産卵期は夏季で、海底の小石、貝殻、沈木などに多数の卵嚢を産み付けます。卵嚢は長さ約2cmで細長く、「ナギナタホオズキ」と呼ばれます。
 肉はやや硬く、美味です。茹でて食べるほか、刺身や焼いても食べられます。近年では韓国から「サザエ」として大量に輸入され、加工されて惣菜などに用いられるように、サザエの代用として用いられます。殻は細工物の材料に使われます。
 経路はわかっていませんが、黒海にも移入し大繁殖しているという報告があります。
[感想]  たぶんアカニシの幼貝だと思うんですが・・・、ちょっとわかりませんねー。アツテングニシ、テングニシ、エゾボラのどれかの幼貝かなーって気もするんですが。大型船舶が往来してバラスト水が放出されるので、海外の貝類が混ざっていることも考えられるし。見分けは難しいですね。
 幼貝で、成貝ではないと思います。これからまだまだ大きくなると思うので、成貝になると外見もかなり変わってくるかもしれません。ご存知のかたがいましたら、ご連絡ください。
 アカニシはサザエの代用品として扱われることも多い貝類です。サザエの壷焼きは、細かく切ったアカニシが使われていることもあります。食べ慣れている人なら味の違いでわかるのかもしれませんが、なかなかわからないらしい。江ノ島のサザエ料理は、実はアカニシだって聞いたことが・・・(^^;)
[写真撮影] 2008年01月09日
[関連ページ]
アカニシ
アカニシ
-
-
-
メインコンテンツ
 ・家庭の医学
 ・身近な植物図鑑
 ・身近な昆虫図鑑
 ・身近な野鳥図鑑
 身近な貝殻図鑑
 ・身近な生き物図鑑
 ・ベランダ園芸
 ・三浦半島観光地図
 ・大人の塗り絵
 ・ゲーム情報局
 ・日記
 ・コミュニティー
スポンサードリンク

アメリー&メラニーブルー・ダンブラン
ジェルキャンドル作成キット
ビーチコーミング学
ビーチコーミング学
アンティーク・コレクション・雑貨

  アクキガイ科  
クリフレイシ そらいろネットホーム クリフレイシ
Copyright そらいろネット(ちーず。) All right reserved