そらいろネット > 身近な昆虫図鑑 > 甲虫目・鞘翅目 > コガネムシ科 > コガネムシの幼虫
 コガネムシの幼虫
mixiチェック
このエントリーをはてなブックマークに追加

コガネムシの幼虫

[名前・種類] コガネムシの幼虫
[学名] -
[英名] -
[名前の由来] コガネムシ科の昆虫の幼虫のこと。
[分布] ベランダ園芸
[科名] 甲虫目コガネムシ科
[体色] 白色
[時期] 不明
[特徴・生態]  野原などで普通に見かけるハナムグリの仲間。
 体長は11mm〜16mmになります。体色は緑色・銅色などの種類があり、うぶげ状の細かい毛がたくさん生えています。
 花に集まり花粉や葉を食べます。果樹や農作物などの害虫として知られています。
 幼虫は芋虫形をしており、朽ち木や腐葉土などを食べて育ちます。幼虫で越冬します。4月〜5月頃、サナギになります。その後、2週間〜3週間後にふ化して成虫になります。
 卵→幼虫→サナギ→成虫の完全変態を行います。卵から成虫になるまで、1年〜2年かかります。
[感想]  たぶんマメコガネや、コアオハナムグリの幼虫だと思います。イチゴが急に元気がなくなったなーと思って土をほじってみたら、たくさん出てきました(>_<)
 ベランダ園芸家にとっては、悪魔の幼虫です。植木鉢のような限られた環境の中で生育をしているので、植木は根を完全に食べられてしまい枯れてしまいます。殺虫剤もあまり効果がないというのも、厄介な理由のひとつです。成虫は光に集まって来る性質があるので、ベランダ園芸では被害が多くなってしまいます。
 有効な対策方法としては薬剤を使うとすると、土にダイアジノンを使うことくらいかな・・・。土の中にいるから、農薬が効きづらい。それに農薬って使いたくないんだよなぁ。
 僕は小さな植木鉢の場合は、「もしかしてコガネムシの幼虫がいるかも」って思った植木鉢は、水を張ったバケツに15分間くらい漬けておくことにしています。幼虫は水中では死んでしまうので、これでなとか・・・。あとはイヤなんだけど、手作業で取り除くしかないみたい。
[写真撮影] 2006年09月29日
[関連ページ]
コガネムシのさなぎ
コガネムシのさなぎ
コガネムシのさなぎ
コガネムシのさなぎ
カブトムシ
カブトムシ
カブトムシ
カブトムシ
メインコンテンツ
 ・家庭の医学
 ・身近な植物図鑑
 身近な昆虫図鑑
 ・身近な野鳥図鑑
 ・身近な貝殻図鑑
 ・身近な生き物図鑑
 ・ベランダ園芸
 ・三浦半島観光地図
 ・大人の塗り絵
 ・ゲーム情報局
 ・日記
 ・コミュニティー
スポンサードリンク


  甲虫目-コガネムシ科  
マメコガネ そらいろネットホーム セマダラコガネ
Copyright そらいろネット(ちーず。) All right reserved