そらいろネット > 身近な植物図鑑 > 05月 > クマツヅラ科 > ムラサキシキブ
 ムラサキシキブ
mixiチェック
このエントリーをはてなブックマークに追加

ムラサキシキブ

[和名・種類] ムラサキシキブ
[学名] Callicarpa japonica
[英名] Japanese beautyberry
[名前の由来] 紫式部。果実の美しさを紫式部にたとえたことから。ムラサキシキミが転訛したとする説もあります。
別名、ミムラサキ、コメゴメ。
[分布] 日本各地
[科名] クマツヅラ科ムラサキシキブ属
[花色] 淡紫色(冬芽:緑色に掲載)
[花期] 6月7月8月
[特徴・解説]  山野の林内やふちなどに生える落葉低木。
 幹は下部で枝を分け、灰褐色になります。高さは2m〜3mになります。樹皮は灰褐色です。枝も灰褐色で、はじめは細かい星状毛がありますが、のちに無毛になります。皮目は楕円形でやや長いです。冬芽は裸芽で、頂芽は長さ1cm〜4cm、側芽は長さ5mm〜10mmの紡錘形で、長さ2mm〜5mmの柄があります。葉痕は1個で突出します。
 葉のわきから集散花序を出し、径5mmほどの淡紫色の花を多数開きます。花冠は長さ3mm〜5mm、上部は4裂し、裂片は平開します。雄しべは4個、雌しべは1個です。
 葉は対生し、先のとがった長卵形です。長さは6cm〜13cm、幅は2.5cm〜6cmになります。基部は狭いくさび形になり、縁には細かい鋸歯があります。両面とも無毛で、裏面には淡黄色の点が散在します。
 果実は直径3mm〜4mmの球形の核果です。10月〜11月に美しい紫色に熟し、萼片は5裂します。
 観賞用に庭などによく植えられているものは、たいていコムラサキシキブです。果実が白色に熟すものを、シロシキブと呼びます。
[レポート]  ムラサキシキブの花芽の写真です。
 ムラサキシキブのつぼみの写真に見えるかもしれませんが、まだつぼみになるまで成長していません。花芽が成長して展開して、つぼみになります。時期的には、もうつぼみになっていてもいいんですけどね。日当たりや、環境によって、少し遅くなったりすることもあるみたいです。
 花芽の状態では、なんでムラサキシキブなんていう名前が付けられているんだろうって不思議に思うかもしれませんが。果実を見ると、『あー、なるほどなー』って思うんじゃないかな。
 ただ、紫式部といえば源氏物語の作者として有名ですが。紫式部が生まれる前は、どんな名前で呼ばれていたんだろう?ちょっと気になります。
[写真撮影] 2008年05月13日
[関連ページ]
ムラサキシキブ
ムラサキシキブ
ムラサキシキブ
ムラサキシキブ
ムラサキシキブ
ムラサキシキブ
ムラサキシキブ
ムラサキシキブ
ムラサキシキブ
ムラサキシキブ
-
-
-
メインコンテンツ
 ・家庭の医学
 身近な植物図鑑
 ・身近な昆虫図鑑
 ・身近な野鳥図鑑
 ・身近な貝殻図鑑
 ・身近な生き物図鑑
 ・ベランダ園芸
 ・三浦半島観光地図
 ・大人の塗り絵
 ・ゲーム情報局
 ・日記
 ・コミュニティー
スポンサードリンク


  身近な植物図鑑-5月  
イヌガヤ そらいろネット ニシキギ
Copyright そらいろネット(ちーず。) All right reserved