そらいろネット > こころコミュニティー > 誕生日・誕生花・誕生石占い > 10月14日生まれ

10月14日生まれ


10月14日生まれの誕生日占い

性格

 

 理想が高く節度を守る、良識人です。
 周囲の人々への気遣いができ、人との距離感も絶妙で、器用な性格です。
 冷静沈着で自制心もあるので、失敗することはとても少ないです。周囲からの信頼感も抜群な、安定した堅実派です。
 頭脳も明晰で、芸術的才能にも恵まれています。
 自分だけが浮かないようにと、周囲とのバランスをとることに気を取られ過ぎていて、絶好のタイミングを逃してしまうことが多いです。
 警戒心が強すぎて、殻を破れない臆病者です。
 ひとつのことに対してこわだりが強すぎる性格で、新しい世界に踏み込むことができない意気地なしです。
 そんな腰抜けな自分なのに、相手を自分に従わせようとします。そのため仲間からは、面倒な存在と思われています。

恋愛運

 

 周囲の目を気にしすぎていて、なかなか行動に移すことができない奥手な性格です。
 せっかくの合コンの場でも、いつも出遅れてしまいます。
 自分を理解してくれる人に出会うことができれば、相思相愛となって、幸せな結婚生活が送れるようになるでしょう。

仕事運・金運

 

 組織の人を助ける、縁の下の力持ちです。
 マネジメントの才能があります。

健康運

 

 自分の欲求を抑えることが多いので、ストレスが溜まりやすい傾向があります。

相性診断

 
   相性最高   相性最悪 
 恋愛 9月5日生まれ 1月22日生まれ
 友情 8月2日生まれ 1月9日生まれ
 仕事 8月12日生まれ 1月7日生まれ

ラッキーアイテム

 
 ラッキーカラー 緑色
 ラッキーアイテム 水族館

誕生花

 

 ミセバヤ(Scabiosa)。

 

花言葉

   

 静寂を愛する。

 

誕生花物語

   

 ベンケイソウ科の多肉植物です。
 ヨーロッパの森に自生し、日本でも古くから栽培されているため、一部で野生化しています。
 10月の沈丁花とも呼ばれ、ジンチョウゲに似た花を咲かせます。
 花はしだれて咲き、秋を彩る花としては欠かせない存在です。
 学名はシーボルディーと言い、幕末に日本の長崎に滞在していた博物学者シーボルトの名前に由来します。

 

誕生花占い

   

 恋多き人生を送ることになりそうです。
 そして、恋愛を経験するたびに、人間味が豊かになっていきます。
 年齢を重ねるごとに、魅力も増していきます。

誕生石

 

 トラピッチェ・エメラルド(Trapiche emerald)。

 

宝石言葉

   

 回転。

 

誕生石物語

   

 旅行やレジャーにちょうど良い季節です。車輪のリズムや振動が心地良く、ストレスを解消してくれます。旅は楽しさをもたらすとともに、人を大人に成長させ、人生をも考えさせられることまであります。
 車輪は太陽が転がりながら運行すると考えられ、古代から太陽の象徴であり、運命、進歩、完結、人生の栄枯盛衰を表しています。車輪をエンブレムとする聖カタリナは、高貴な生まれの殉職者です。車輪にくくられた拷問から、来航が車輪を砕いて助かったと言う奇跡、首を斬られて牛乳が流れ出したと言う乙女の手本とされる伝説があります。
 日本では、初めて鉄道が開通し、鉄道の日になっています。
 車輪の模様のエメラルド、宝石には変わったものがあります。その名は、トラピッチェ・エメラルド。

 

誕生石の特徴

   

 スペイン語でサトウキビ絞り機の車輪を意味するのが、トラピッチェ・エメラルドです。
 コレクターに珍重される、エメラルドの結晶です。
 六角柱状の結晶を輪切りにすると、対角線上に放射状の黒色の車輪模様が現れます。
 カボッションカット(山型カット)で、ユニークな運命を奏でるジュエリーを誕生させてください。

 

誕生石占いと誕生石の力

   

 美しく調和があるもの、正しいものを愛する清潔なタイプです。
 御世辞を本気にしてしまう傾向があります。
 裏切り、自己嫌悪で行き詰まってしまった時、自分の運命を守ってくれるのが誕生石のトラピッチェ・エメラルドです。
 車輪のマークを、自分だけのラッキーマークにしてみるのが良さそうです。

10月14日の出来事

この日生まれの有名人

 

 1867年、正岡子規(俳人)
 1890年、ドワイト・D・アイゼンハワー(アメリカ大統領)
 1917年、トニー谷(お笑い芸人)
 1927年、ロジャー・ムーア(俳優)
 1939年、ラルフ・ローレン(ファッションデザイナー)
 1940年、クリフ・リチャード(ミュージシャン)
 1941年、白石冬美(声優)
 1946年、松浪健四郎(政治家)
 1949年、佐藤陽子(ヴァイオリニスト)
 1970年、永作博美(女優)
 1973年、堺雅人(俳優)
 1976年、ゆずの岩沢厚治(ミュージシャン)
 1978年、武田久(プロ野球選手)

今日は何の日

 

●日英和親条約が締結
 1854年(嘉永7年)。日英和親条約が締結されました。日本とイギリスの間で締結された最初の条約です。
●鉄道の日
 1872年(明治5年)。国鉄(JR)では鉄道記念日を制定していましたが、1994年(平成6年)から運輸省が中心となってJRも取り込み、鉄道事業者が一体となって鉄道をPRする日となりました。1872年(明治5年)9月12日、新橋〜横浜間に鉄道が開通し、暦を新暦に直して10月14日になりました。蒸気機関車を始めてみた人の中には、たくさん汗をかいていてかわいそうだと思い、鉄道に水をかけた人までいました。現在では日本人の生活に密着した鉄道で、東京と大阪を中心にイベントが展開されます。JRでは駅前広場などで、クイズやミニSL走行会などが行われ、交通博物館では車両の特別公開が行われます。
●祝祭日の制定
 1873年(明治6年)。太政官布告「年中祭日祝日ノ休暇日」を発布しました。従来の五節句を廃止し、紀元節(2月11日)、天長節(11月3日)などを新たに制定しました。
●フロイトの『夢判断』
 1900年(明治33年)。フロイトの『夢判断』が出版されました。夢に関する精神分析学の研究で、占いではなく治療に役立てるためのものです。
●山岳会の始まり
 1905年(明治38年)。登山家の小島烏水らによって、山岳会が結成されました。東洋初の山岳会となりました。
●PTAの結成
 1952年(昭和27年)。日本父母と先生全国協議会で、PTAが結成されました。
●キング牧師がノーベル平和賞
 1964年(昭和39年)。マーティン・ルーサー・キングがノーベル平和賞を受賞しました。
●長嶋茂雄の引退
 1974年(昭和49年)。後楽園球場での試合後、観客に最後の挨拶を行いました。38歳で引退しました。
●日本初の試験管ベイビー
 1983年(昭和58年)。東北大学医学部の鈴木教授らが、両親の精子と卵子を試験管内で受精させ、母親の子宮に戻して着床に成功しました。

広告
メインコンテンツ
家庭の医学
身近な植物図鑑
身近な昆虫図鑑
身近な野鳥図鑑
身近な貝殻図鑑
身近な生き物図鑑
ベランダ園芸
三浦半島観光地図
無料で塗り絵
ゲーム情報局
日記
コミュニティー
広告



  コミュニティー-誕生日占い  
10月13日生まれ そらいろネット 10月15日生まれ
Copyright そらいろネット All right reserved.