そらいろネット > こころコミュニティー > 誕生日・誕生花・誕生石占い > 10月20日生まれ

10月20日生まれ


10月20日生まれの誕生日占い

性格

 

 冷静と情熱のバランスがバツグンな、クリエイターです。
 創造的な才能にあふれ、芸術家の素質があります。
 オイシイ話が目の前にあっても、自分を客観視することができるので、どんな時でも冷静な判断を下せます。
 金銭的な成功が望めない創作活動には、趣味だと割り切った感覚で情熱を注ぐことができます。
 自信家であるため、自分の才能に理解を示してくれない人に対しては、険悪な態度をとってしまいがちです。
 一途を通り越した、ワンマン人間です。
 一度はこうだと決めたことに関しては、自分の意思を押し通す、強情張りの頑固者です。他人の意見は、一切取り入れようとはしません。
 独りよがりな人間なのに、相手にされないでいるとふてくされて、卑屈になります。

恋愛運

 

 見かけだけで人を判断することが多いです。
 そのため、現実とイメージとのギャップに勝手に失望します。自分の価値観を押し付けて、相手を傷付けたりすることもあります。
 恋愛結婚はあまり向いていないので、お見合い結婚を目指すのが良さそうです。

仕事運・金運

 

 金銭感覚が優れているので、浪費して生活が困窮するようなことはありません。

健康運

 

 病弱な体質のため、健康管理と、病気に負けない体作りに励んでください。

相性診断

 
   相性最高   相性最悪 
 恋愛 2月19日生まれ 9月16日生まれ
 友情 3月24日生まれ 4月25日生まれ
 仕事 3月22日生まれ 3月27日生まれ

ラッキーアイテム

 
 ラッキーカラー 白色
 ラッキーアイテム 乳製品

誕生花

 

 ミルラ(Myrrh)。

 

花言葉

   

 真実の告白。

 

誕生花物語

   

 カンラン科の低木です。
 トゲの間に、緑色の小さな花を咲かせます。
 父を愛してしまった王の娘ミルラが、砂漠に追放されたのを憐れんで、神が花の姿に変えたと言われています。その花が、ミルラだという伝説があります。
 ミルラの葉は、古代エジプト時代にミイラの防腐剤として使われました。現在でも、香料として使われています。

 

誕生花占い

   

 自己コントロールが苦手なタイプです。
 そのため、どうしても衝動買いを抑えることができません。
 恋愛運が開けてくるのは、20歳以降になります。

誕生石

 

 ビーズのトルコ石(Turquoise)。

 

宝石言葉

   

 願い。

 

誕生石物語

   

 ヨーロッパでは、6月下旬から狩猟と収穫の備蓄の季節になります。狩猟は貴族のスポーツです。動物の種類と生態によって、解禁期が決められていて、雄鹿が終わり、雌鹿の狩猟の頃になります。
 雄鹿は古ギリシャ・ローマでは、薬草を見分ける能力があり、枝状の角は生命を生む露を落とし、土地を肥沃にする太陽のエンブレムです。角を落とすのは、キリストの復活を象徴しています。その姿から、優美敏活、再生、不死、長寿を表し、明けの明星とも言われ貴族の館の飾りになっています。
 かつてネイティブ・アメリカンは、狩猟の時に獲物を射る的を外さないお守りとして、弓や矢にトルコ石のビーズを結び付けていました。怪我や危険から身を守ってくれる、聖なる宝石です。

 

誕生石の特徴

   

 ビーズは穴の開いた玉のことです。丸型だけではなく、面をつけたものもあり、ネックレスなどの連に組むものです。
 「祈」を語源とするように、ロザリオなどに使われていたことに由来します。
 トルコ石は、インパクトのあるトルコ・ブルーの宝石です。
 10段階で表示されるモース硬度は、5〜6で低いです。内部は多孔質で、孔には水分が含まれているため、熱すると発熱して割れる原因となるため、熱にも要注意な宝石です。

 

誕生石占いと誕生石の力

   

 目的を見失った八方美人です。
 人の良さが裏目に出てしまい、最後には何も残らない人生で終わってしまう危険があります。
 的を外さないと信じられてきたトルコ石を装って、積極的な行動をとってください。

10月20日の出来事

この日生まれの有名人

 

 1733年(享保18年9月13日)、杉田玄白(蘭学者)
 1793年(寛政5年9月16日)、渡辺崋山(画家)
 1854年、アルチュール・ランボー(詩人)
 1906年、坂口安吾(作家)
 1925年、野中広務(政治家)
 1934年、皇后美智子(皇后)
 1938年、武邦彦(騎手)
 1954年、中島常幸(ゴルファー)
 1958年、大石大二郎(野球選手)
 1962年、茂木健一郎(博士)
 1964年、山口智子(女優)
 1983年、山田孝之(俳優)
 1999年、まさお君(犬)

今日は何の日

 

●レイテ島の戦い
 1944年(昭和19年)。第二次世界大戦におけるレイテ島の戦いが始まりました。ダグラス・マッカーサー率いるアメリカ軍が、フィリピン・レイテ島に上陸しました。
●新聞広告の日
 1958年(昭和33年)。情報源としての役割を知ってもらおうと、日本新聞協会が制定しました。新聞週間の期間中、区切りの良い日が選ばれました。日本の新聞社の収入の約50%は、広告収入によるものです。
●純国産ステレオレコード
 1958年(昭和33年)。タンゴの名曲集『エル・チョクロ』と、長唄の『勧進帳』が、ステレオレコードとしてビクターから発売されました。
●外国タバコの一斉販売が始まる
 1960年(昭和35年)。ケントが150円など、いわゆる「洋モク」が発売されました。ハイライトは70円でした。
●代々木公園が開園
 1967年(昭和42年)。かつては、大日本帝国陸軍の代々木練兵場がありました。第二次世界大戦の敗戦によってワシントンハイツとなり、1964年(昭和39年)の東京オリンピックによって代々木選手村となりました。再整備され代々木公園が開園しました。
●幸福駅の切符が大人気
 1974年(昭和49年)。北海道の愛国駅販売は、300万枚を突破しました。
●リサイクルの日
 1990年(平成2年)。日本リサイクルネットワーク会議と、地域交流センターが、10・20を「ひとまわり、ふたまわり」とかけて、リサイクルの日と制定しました。ゴミは出さないに越したことはありませんが、日本人はリサイクルの達人と言っても過言ではないでしょう。江戸時代から第二次世界大戦後まで、リサイクルはれっきとした産業として機能していました。古着・古物はもちろん、街の汚物は農村地帯に運ばれ、有機肥料としてリサイクルされていました。これによって巨万の富を得た者すらいます。ボランティアや自治体がリサイクルに乗り出し、少しずつ効果を上げています。利益になるシステムが確立されれば、さらに大きく前進するでしょう。
●頭髪の日・ヘアブラシの日
 10・20の語呂合わせで頭髪と読めることから、日本毛髪科学協会・全日本ブラシ工業協同組合が制定しました。

広告
メインコンテンツ
家庭の医学
身近な植物図鑑
身近な昆虫図鑑
身近な野鳥図鑑
身近な貝殻図鑑
身近な生き物図鑑
ベランダ園芸
三浦半島観光地図
無料で塗り絵
ゲーム情報局
日記
コミュニティー
広告



  コミュニティー-誕生日占い  
10月19日生まれ そらいろネット 10月21日生まれ
Copyright そらいろネット All right reserved.